越前ガニとは

越前ガニ

 

毎年、地元の卸業者が持ち回りで担当し、最上級の越前ガニを皇室に献上します。
もちろん、献上されるカニですので、代金は頂いていないようですが、一般向けには目が飛び出る価格がついています。

 

解禁獲れたて 「活き」国産ズワイガニ 驚きの価格は!?

 

越前ガニとは、日本海側の福井県沖で獲れ、福井県の港に水揚げされる雄のズワイガニの事をいいます。

 

越前ガニが水揚げされる港は、三国町の三国港と越前町の越前港とされていますが、越前港とは越前町の小樟(ここのぎ)港や大樟(おこのぎ)港などの総称が越前漁港となっています。
福井県の沿岸は寒流と暖流がぶつかり合い、越前ガニの餌となる小魚や、プランクトンが豊富にいるため、最高級の良質な越前ガニが獲れるのです。

 

また、港から日帰りで行ける漁場のため、生きたまま、新鮮なうちに漁港に持ち帰る事ができます。 漁港まで「活き」のまま持ち帰られた越前ガニは、漁船の猟師達自らが、船上や、港で越前ガニの証明である黄色いタグを一匹一匹取り付けます。

 

越前ガニのタグが取り付けられるズワイガニは大きさや、身入りをチェックされ、基準の大きさに満たないカニや、脱皮後間もない若いカニは越前ガニのタグは取り付けられません。
若いカニは甲羅も柔らかく、水っぽいので「水ガニ」、「ズボガニ」などと呼ばれ区別されています。また、メスのズワイガニは「セイコガニ」と呼ばれています。

越前ガニの皇室献上ガニ

越前ガニは、福井県坂井市三国町で厳選されたカニが、毎年、皇室に献上されています。
皇室献上は、明治42年(1909)に四ケ浦村(現在の越前町四ケ浦)で獲れたカニを東宮御所に献上した記録が残っています。
福井県としては、大正11年(1922)から献上し、戦時中と、昭和天皇が御逝去された平成元年(1989)を除き、毎年行われています。

 

現在の皇室献上は三国町内の東尋坊のやまに水産、伊野魚問屋、田島魚問屋、大丸水産などの鮮魚店4軒が持ち回りで行っており、三国漁港で水揚げされた越前ガニをその日のうちに釜茹でし、県の職員によって、東京の両陛下、秋篠宮家、常陸宮家、三笠宮家へ届けられます。

越前ガニの漁期

越前ガニの(ズワイガニオス)の漁期は、年ごとに決められていますが、ここ数年は11月6日から翌年の3月20日までとなっており、2013年度も変わりません。
脱皮後間もない若いカニ(水ガニ)(ズボガニ)は省令では11月6日から3月20日になっていますが、日本海ズワイガニ特別委員会の協定では1月11日から3月20日までとなっております。

 

ちなみに越前ガニと呼ばれるのは成熟したオスだけですが、メスのズワイガニ(セイコ、コウバコ)の漁期は省令では11月6日から翌年の1月20日までとなってますが、日本海ズワイガニ特別委員会の協定では11月6日から1月10日までとなりました。