ズワイガニ水揚げ日本一の浜坂港 カニ通販やカニ目当ての観光旅行などの参考に

浜坂カニとは

浜坂カニ

浜坂松葉カニは浜坂港のズワイガニの事です 。
ズワイガニ漁獲量日本一の兵庫県の浜坂港に水揚げされ、厳選された松葉カニには「はまさか」と書かれた水色のタグが付けられています。

 

解禁獲れたて 「活き」国産ズワイガニ 驚きの価格は!?

 

浜坂ガニとは兵庫県の浜坂で水揚げされたズワイガニの事で、浜坂カニ、または浜坂松葉ガニとよばれています。
山陰地方ではズワイガニの事を松葉カニ、または松葉ガニと呼んでいます。
山陰沖で獲れる松葉カニは恵まれた漁場があり、そこで獲れた松葉カニは最高級のカニと評価されています。

 

最高級のズワイガニの水揚げ量、日本一を誇るのが浜坂港なのです。
他の地域ほどブランド化は進んでいないようですが、浜坂港では以前から、品質の良い上等な松葉カニには「はまさか」の名前入りの水色のタグを付けて区別されています。
浜坂産の松葉カニは高級カニとして認知されているので、わざわざブランド名など付ける必要はないのかもしれませんね。

 

松葉カニは鮮度が良い程美味しいとされているので、距離の近い日本海で獲れた松葉カニは、新鮮なまま日本全国へ出荷される事になりますので、これが美味しいと評価される一つの要因でもあります。

 

浜坂港の近隣には温泉地も多くあり、温泉旅館、温泉宿の高級松葉カニ料理には浜坂の松葉カニが使われている事が多いのです。
松葉カニの漁場である日本海は荒れる事が多く、漁に出られない、または戻れない事も多く有りますが、浜坂港では比較的大きな船もあり、安定した供給ができるようです。

浜坂カニの漁期

浜坂カニの(ズワイガニ)の漁期は、年ごとに決められています。
浜坂カニ(ズワイガニのオス)は11月6日から翌年の3月20日までとなっており、2013年度も変わりません。

 

ちなみに脱皮後間もない若いカニ(水ガニ)(ズボガニ)は省令では11月6日から3月20日になっていますが、日本海ズワイガニ特別委員会の協定では1月11日から3月20日までとなっております。

 

メスのズワイガニ(セイコ)の漁期は省令では11月6日から翌年の1月20日までとなってますが、日本海ズワイガニ特別委員会の協定では11月6日から1月10日までとなりました。

 

さらに兵庫県の漁業関係者の自主規制では若ガニ(水ガニ、ズボガニ)は1月20日から〜2月28日、メスは11月6日〜12月31日までとする事がさらに短い漁期に決まりました。

松葉カニのメスについて

松葉カニのメスは地方によって様々な呼び方をされています。
浜坂ではセコガニと呼べれています。

 

他の地域では、セイコガニ、単にせいこ、せこ、または親ガニなどと呼ばれています。

 

浜坂のある兵庫県北部の但馬地方ではセコガニと呼ばれるのが一般的です。
毎年、浜坂港のある美方郡新温泉町の中学校、小学校では給食に松葉カニのメスであるセコガニがふるまわれます。


ズワイガニと紅ズワイガニ