加能ガニ ズワイガニと加能ガニ

加能ガニとは

加能ガニ

加賀百万石で有名な石川県で水揚げされる加能ガニのことです。
橋立漁港、金沢漁港、輪島漁港などで水揚げされます。

 

解禁獲れたて 「活き」国産ズワイガニ 驚きの価格は!?

 

加能ガニとは、石川県内で水揚げされたズワイガニのオスの事で、石川県の石川県漁業協同組合(JFいしかわ)が平成18年に加賀と能登の地名から公募で名付けました。

 

加能ガニは、山陰地方で獲れる松葉ガニ、福井県沖の越前ガニとほぼ同じ漁場で獲れるズワイガニで、石川県の加賀、能登などの橋立漁港、金沢港、輪島港などで水揚げされます。

 

新鮮なまま、水揚げされた加能ガニは知名度こそ、まだ低いですが、松葉ガニ、越前ガニに引けを取らない上質なズワイガニです。
加能ガニには、他の地域で獲れたカニと区別するため、青いブランドタグが、一匹一匹付けられています。

 

また、メスのズワイガニはこの地域では、甲箱ガニ、香箱ガニなどと呼ばれています。
オスのズワイガニに比べて小型で、身も細いのですが、味は濃厚で甘味もあり、加能ガニ同様美味ですし、内子といわれる甲羅の内側の未成熟の卵と、外子といわれる腹に抱えた卵もまた絶品です。

 

カニ味噌と内子を混ぜて食べたり、カニ鍋や、味噌汁としてもとても美味しく食べられます。 加能ガニに比べ、甲箱ガニ(香箱ガニ)はとても低価格で販売されていますので、地元では大変人気があります。

加能ガニの漁期 平成25年度(2013年度)

加能ガニの(ズワイガニオス)の漁期は、年ごとに決められていますが、ここ数年は11月6日から翌年の3月20日までとなっており、2013年度も変わりません。
脱皮後間もない若いカニ(水ガニ)(ズボガニ)は省令では11月6日から3月20日になっていますが、日本海ズワイガニ特別委員会の協定では1月11日から3月20日までとなっております。
松葉ガニと呼ばれるのは成熟したオスだけですが、メスのズワイガニ(セイコ)の漁期は省令では11月6日から翌年の1月20日までとなってますが、日本海ズワイガニ特別委員会の協定では11月6日から1月10日までとなりました。
京都府の漁業関係者の自主規制では若ガニは全面禁漁とする事が決まりました。


ズワイガニと紅ズワイガニ