加能ガニとは

加能ガニ

加賀百万石で有名な石川県で水揚げされる加能ガニのことです。
橋立漁港、金沢漁港、輪島漁港などで水揚げされます。

 

解禁獲れたて 「活き」国産ズワイガニ 驚きの価格は!?

 

加能ガニとは、石川県内で水揚げされたズワイガニのオスの事で、石川県の石川県漁業協同組合(JFいしかわ)が平成18年に加賀と能登の地名から公募で名付けました。

 

加能ガニは、山陰地方で獲れる松葉ガニ、福井県沖の越前ガニとほぼ同じ漁場で獲れるズワイガニで、石川県の加賀、能登などの橋立漁港、金沢港、輪島港などで水揚げされます。

 

新鮮なまま、水揚げされた加能ガニは知名度こそ、まだ低いですが、松葉ガニ、越前ガニに引けを取らない上質なズワイガニです。
加能ガニには、他の地域で獲れたカニと区別するため、青いブランドタグが、一匹一匹付けられています。

 

また、メスのズワイガニはこの地域では、甲箱ガニ、香箱ガニなどと呼ばれています。
オスのズワイガニに比べて小型で、身も細いのですが、味は濃厚で甘味もあり、加能ガニ同様美味ですし、内子といわれる甲羅の内側の未成熟の卵と、外子といわれる腹に抱えた卵もまた絶品です。

 

カニ味噌と内子を混ぜて食べたり、カニ鍋や、味噌汁としてもとても美味しく食べられます。 加能ガニに比べ、甲箱ガニ(香箱ガニ)はとても低価格で販売されていますので、地元では大変人気があります。

加能ガニの漁期

加能ガニの(ズワイガニオス)の漁期は、年ごとに決められています。
ここ数年は11月6日から翌年の3月20日までとなっています。

 

脱皮後間もない若いカニ(水ガニ)(ズボガニ)は省令では11月6日から3月20日になっていますが、日本海ズワイガニ特別委員会の協定では1月11日から3月20日までとなっております。

 

松葉ガニと呼ばれるのは成熟したオスだけですが、メスのズワイガニ(セイコ)の漁期は省令では11月6日から翌年の1月20日までとなってますが、日本海ズワイガニ特別委員会の協定では11月6日から1月10日までとなりました。

 

加能ガニの水揚げ港では地元の自主規制に従っていますので、国の省令期間よりも短い間だけ漁をします。

 

京都府の漁業関係者の自主規制では若ガニは全面禁漁とする事が決まりました。

加能ガニが食べられる旅館

加賀屋旅館

旅行好きでなくても知っている有名な旅館です。
老舗の加賀屋旅館では、例年、本場物の加能ガニのコースが人気メニューに加わります。
もちろん、食事以外のサービスも心憎いほど行き届いていて、誰もが満足できる旅館です。

 

のとや

粟津温泉の老舗高級旅館です。
粟津温泉は開湯1300年という古い歴史を持ち、数々の著名人が訪れています。
のとやは歴史ある粟津温泉の中でも、もっとも誇れる伝統ある高級旅館です。

 

【石川県の温泉】
和倉温泉 輪島温泉 粟津温泉 山中温泉 山代温泉 一里野温泉 片山津温泉 湯湧温泉 志賀の里温泉 白峰温泉

 

石川県には歴史の古い湯がいくつもあり、中でも和倉温泉、粟津温泉などは全国的にも高級温泉街として知られています。