松葉ガニを通販で購入する時や、松葉ガニの食事、観光旅行などの参考に。

松葉ガニとは

松葉蟹タグ付きの堅蟹!

 

松葉ガニ = ズワイガニですが、鳥取のブランドガニとしての松葉ガニには白字に産地が赤い文字で書かれています。
(メスは松葉ガニとは呼びません。大きさも見かけも全然別物ですから)

 

解禁獲れたて 「活き」国産ズワイガニ 驚きの価格は!?

 

 

松葉ガニとは、日本海側の山陰地方の島根県、福井県、石川県、鳥取県、兵庫県、京都府などで水揚げされたズワイガニで、雄のズワイガニの事です。
関西ではズワイガニの総称を松葉ガニと言っている場合もあります。

 

日本海で獲れるズワイガニは甘味があり、とても美味しいので、高値で取引されています。
その中でも、山陰地方で水揚げされたズワイガニは一匹一匹、厳しい検査を経て松葉ガニとして、証明タグが取り付けられ厳密に管理されています。

 

冷凍されたカニは味も劣る事から、松葉ガニの最低基準として、冷凍されずに入荷されたものという基準があります。
外国から冷凍輸入されたズワイガニと区別するため、大きさや、見入りもチェックされ、松葉ガニのブランドガニとしての品質を保っています。
獲れた場所が違うだけと思われる方もいますが、食べてみればすぐわかる位に味が違うものです。

 

松葉ガニのなかでも島根県の隠岐諸島近海で獲れたカニは隠岐松葉ガニ、鳥取県で水揚げされたカニは鳥取松葉ガニといわれ、それぞれ別の証明タグが存在します。
松葉ガニの証明には白字に赤字のタグが付けられます。
その他の松葉ガニにも、各地域によって様々なブランドズワイガニが存在します。

松葉ガニの漁期 

松葉ガニの(ズワイガニオス)の漁期は、年ごとに決められていますが、ここ数年は11月6日から翌年の3月20日までとなっており、2014年度も変わりません。
脱皮後間もない若いカニ(水ガニ)(ズボガニ)やメスはは省令では11月6日から3月20日になっています。

 

ただし、若ガニやメスは、近隣の漁業関係者で運営される日本海ズワイガニ委員会や、地域によって自主規制がされております。

松葉ガニのメスについて

松葉ガニのメスは地方によって様々な呼び方をされています。 松葉ガニの産地では、セイコガニと呼べれている事が多いようです。

 

他の地域では、セコガニ、単にせいこ、せこ、または親ガニなどと呼ばれています。 オスのズワイガニが高騰する中で、メスの価格はとても安いので、地元では大変人気があります。


ズワイガニと紅ズワイガニ