柴山ガニ(柴山かに)を通販で購入する時や、柴山ガニの食事や、観光旅行など、ズワイガニの種類や名前の参考に。

柴山ガニとは?

柴山ガニとは、兵庫県北部の柴山港で水揚げされるズワイガニの事です。

 

柴山ガニ

兵庫県北部の柴山港に水揚げされるズワイガニで、細分化された選別方法によって上位のランクのものにピンク色のタグが付けられます。
ランク分けの細かさはブランドガニの中でもひときわ多いです。

 

解禁獲れたて 「活き」国産ズワイガニ 驚きの価格は!?

 

 

柴山ガニはオス、メス、若いオスなど、大きさ、身入り、足がそろっているかどうかなど、品質によって、100以上にもランク分けされます。
番ガニといわれる最高級のランクになると、一艘の船が一日かけて操業した千匹近くの中でも、数匹しか入っていないほどのもので、時によっては番ガニのランクのカニが無い事もある位のランクです。

 

水揚げされる柴山港は日本海の良質な漁場から近く、日帰りで新鮮なカニを持ち帰る事ができます。
柴山港では以前からランク分けしていましたが、他のズワイガニが産地証明でもあるブランドタグをつける中、柴山では、どのランクからどのランクまでを柴山ガニとするのか、細分化されたランク分けがかえってむづかしくなりました。

 

柴山ガニの証明は2003年になってからピンク色のタグを付ける事になりました。

柴山ガニ(柴山かに)の漁期  平成26年度(2014年度)

柴山ガニの漁期は、他のズワイガニの漁期と同じく、ここ数年は11月6日から翌年の3月20日までなっています。
脱皮後間もない若いカニは1月20日から2月28日までとなっております。
メスのズワイガニの漁期は兵庫県では11月6日から12月31日までとなっております。

柴山ガニのゴールドタグについて

柴山では、最上級の柴山ガニを番ガニと呼んでいましたが、他の地域では番ガニは最上級より劣るカニを呼んでいる事もあり、 柴山の番ガニは最上級のカニとして、2011年の水揚げより、最上級の柴山ガニにはゴールドのタグを付ける事にしました。

柴山ガニ ズワイガニと柴山ガニ記事一覧

柴山ガニ観光・温泉

柴山ガニが水揚げされる柴山でのお泊りは、柴山温泉がおすすめです。山陰地方の海岸線には、柴山温泉だけでなく、近くにいくつかの温泉が点在しており、ほとんどの宿で柴山ガニ、香住松葉ガニ、香住ガニ(紅ガニ)など、カニが主役の料理を用意しています。本場の柴山ガニを食べたくて、柴山へ出かけるカニ通も多いようです...

≫続きを読む


ズワイガニと紅ズワイガニ