間人ガニの食事、観光旅行の時などの参考に。

間人ガニとは?

間人ガニ

 

間人ガニは京都の間人港に水揚げされるズワイガニです。
「間人ガニ」はブランド名として商標登録されており、基準をクリアしたカニには緑色のタグが取り付けられます。

 

解禁獲れたて 「活き」国産ズワイガニ 驚きの価格は!?

 

間人ガニ(たいざがに)とは、京都府の間人港で水揚げされたズワイガニのオスの事をいいます。

 

間人港は京都府北部の、日本海に面した丹後半島の漁港です。
丹後沖には20〜30キロ程の近い海に良質な漁場があり、間人港の船は日帰りで漁をする事ができるため、新鮮なカニをいち早く水揚げする事ができます。
水揚げされた間人ガニは一匹、一匹、慎重に吟味され、仕分けされます。

 

大きさや、身入りなどを厳しくチェックされ、一匹、一匹、ていねいに緑色のプラスチックのタグが取り付けられます。
間人港では、他の港よりも、カニの扱いがていねいだといわれています。

 

間人ガニは1998年より産地の証明がつけられ、2006年に商標登録されました。

 

間人ガニを食べる観光旅行と間人温泉> 間人ガニと観光

幻の間人ガニ(タイザガニ)と漁期 平成26年度(2014年度)

間人港には、カニ漁船は数隻しかなく、みな小さな小型漁船です。それゆえ、沖で停泊する事なく、日帰りで操業しているため、新鮮な間人ガニを港まで持ち帰る事になります。間人港も日本海に面しているため、新鮮な活き蟹をいち早く競りにかける事になります。

 

しかし、日本海の海は荒れる事が多く、荒れ始めると何日も続く事もあります。間人港の小さな漁船では、 何日も漁ができない事もあり、間人の蟹は幻の蟹といわれるようになっています。

 

間人ガニは冷凍するという事がないため、たとえば日にち指定の出荷などはできない事になります。間人ガニの冷凍のものは、市場ではおそらくあり得ないですから。

 

間人ガニの漁期は、幻といえども、日本海のズワイガニですから他のズワイガニ同様、ここ数年は11月6日から翌年の3月20日までとなっております。
間人ガニと呼ばれるのはオスだけですが、メスのズワイガニの漁期は11月6日から翌年の1月10日までとなっております。
脱皮後間もない若ガニは京都では今年は全面禁漁になりました。

 

平成25年からの若ガニは、京都府の漁業関係者の自主規制では全面禁漁になりました。
若ガニはズボガニ、水ガニなどと呼ばれ、水っぽく身入りが少なかったりするのですが、殻がまだ柔らかいため食べやすく、ジューシィーだと好む地元の人もいます。

間人温泉 炭平

幻の間人ガニを食べられる宿は多くありません。
こじんまりとした旅館で夕日が眺められる部屋でのくつろぎ感はハンパないです。
夕日が見られる露天風呂も格別です。

間人ガニ(タイザガニ)とズワイガニ記事一覧

間人ガニ観光旅行・食事

間人ガニ(間人かに)が水揚げされる間人では、間人温泉がおすすめです。幻の間人ガニ(間人かに)を食べるなら、間人港周辺の間人温泉はいかがでしょうか。間人港付近には、間人温泉の宿が点在しています。大半の宿で、幻の間人ガニが満喫できる宿泊コースや、昼食コースも用意されています。新鮮さが命の間人ガニを食べる...

≫続きを読む


ズワイガニと紅ズワイガニ