間人ガニ(間人かに) 観光旅行と温泉

間人ガニ(間人かに)を食べるなら、間人温泉がおすすめです

間人ガニ(間人かに)が水揚げされる間人では、間人温泉がおすすめです。
幻の間人ガニ(間人かに)を食べるなら、間人港周辺の間人温泉はいかがでしょうか。

 

間人港付近には、間人温泉の宿が点在しています。大半の宿で、幻の間人ガニが満喫できる宿泊コースや、昼食コースも用意されています。
新鮮さが命の間人ガニを食べるなら、間人港間近の間人温泉をおいて他にないでしょう。また、予算を抑えたい方への地蟹コースも用意されています。

 

古民家 吾平治

1日一組限定の「超優雅・究極の幻の間人ガニ料理の宿泊」
古民家でゆったりと流れる時をお楽しみできる宿です。
日帰りでの昼食用の個室もあります。

間人近くの観光

京丹後市の美しい自然を残す丹後半島は、山陰ジオパークに指定されています。ジオパークとは、貴重な地質遺産を含む自然公園の事です。
ドライブするだけでも圧倒されるような、自然の醍醐味を満喫できるでしょう。

 

鳴き砂で有名な琴引浜や、日本の夕日百選にも選ばれた夕日ガ浦などもあり、豊かな美しい風景を堪能できます。
琴引浜鳴き砂文化館では、琴引浜の鳴き砂体験や、世界の鳴き砂体験ができます。

間人ガニと昼食プラン

山陰・近畿地方ではカニを楽しむ日帰りの観光旅行にも、「カニ」が付き物です。

 

といいますか、「カニ」を食べるための旅行ともいえますが。 そうした日帰りの人向けにカニがたっぷり楽しめて、温泉も入れる昼食プランも多く用意されています。

 

カニを楽しみながらゆったりと温泉に浸かれば、日々の疲れを忘れる事ができるかも。

 

丹後半島 旅館 海遊

昼食プランは「個室で食べられる部屋食プラン」と「食事処で頂くプラン」が用意されています。
海を眺めながらいただけるのはもちろんですが、その後の温泉もゆったりとくつろげます。


ズワイガニと紅ズワイガニ