ズワイガニとタラバガニの違いをまとめてみました。

ズワイガニとタラバガニの違い

ズワイガニとタラバガニは一見同じカニのようですが、実はかなり違った生物だったんですね。
生物としての違いや、食べる時の違いなど、前もって知っておくと失敗しないですね。

ズワイガニ タラバガニ

【種目】
短尾科目(カニ科目)ズワイガニ
ズワイガニはカニの仲間です。
大ズワイガニ(バルダイ種)、本ズワイガニ(オピリオ種)はズワイガニと呼ばれています。
紅ズワイガニは別の扱いをされています。

【種目】
異尾科目(ヤドカリ科目)タラバガニ
タラバガニはヤドカリの仲間です。
他の仲間にはアブラガニ、花咲ガニなどがあります。
一時はアブラガニもタラバガニとして販売されていた事もあります。

【大きさ】

タラバガニより小さい

【大きさ】

ズワイガニより大きい

【脚の数】

左右5本づつ10本
脚は長く細い

【脚の数】

左右4本づつ8本
脚は短く太い

【食べ味】

繊維が細く、甘い
上品に頂くには味わい深い

【食べ味】

繊維が太く、淡泊
豪快に食べる人には食べがいがある

【カニみそ】

カニみそも美味しく食べられる

【カニみそ】

普通はカニみそは無い

【価格】

冷凍の海外産はタラバガニよりも安い
日本海で獲れた国産のズワイガニはとても高い

【価格】

海外産の冷凍物で比べるとズワイガニよりも高い

【生息】

日本海、オホーツク海、ベーリング海など。

【生息】

アラスカ沿岸、オホーツク海、ベーリング海、北海道以北の日本海。

どっちがいいかは個人の勝手

ズワイガニとタラバガニは同じカニでも、そもそもの種類が違うって知ってました?
種類が違うから「どっち?」という考えもおかしいのかなと思います。

 

味はもちろんですが、食感も違います。
別の食べ物として味わいたいものです。

 

【管理人の勝手な思い込み】
茹でガニならどっちも良いですし、鍋にするなら「ズワイガニ」。
焼くなら「タラバガニ」それもバター焼きのタラバはGOODですよ♪


ズワイガニと紅ズワイガニ